公開NTPの提供を開始しました

Facebookのポストにてお知らせしました、公開NTPサーバ提供の準備ができました!


 Extend Wingsでは各Linuxディストリビューションユーザの方々を主な対象として公開NTPサーバの提供を試験運用版として開始いたします。また、多くのLinuxディストリビューションで採用されているNTP Pool ProjectのJPエリア(日本地区)のNTPサーバの一つとしてすでに稼働しております。

 この度、独立行政法人情報通信研究機構(NICT)電磁波計測研究所時空標準研究室日本標準時グループ(JSTグループ)様の提供されている公開NTPサーバに直接アクセスする「stratum2」となったことで非常に高精度での時刻配信が可能となりました。ご協力いただいたJSTグループの皆様に感謝いたします。今回提供するNTPサーバの詳細は以下の通りとなります。

  • 提供者:Extend Wings(http://www.extendwings.com/
  • 内容:公開NTPによる高精度時刻配信
  • 手段:公開NTPへの直接アクセスでの提供及びNTP Pool Project経由での提供
  • 開始日:協定世界時2013年05月12日 15時00分00秒(日本標準時2013年05月13日 00時00分00秒)に開始済み
  • 時刻同期元:JJYグループのstratum1公開NTP(ntp.nict.jp)
  • 同期間隔:16秒ごとに同期(同期間隔は固定)
  • アドレス:157.7.135.233157.7.152.139(ntp.extendwings.com)
  • stratum:stratum2
  • 時刻精度:±100マイクロ秒(実測値で確認できた最大幅で通常は±25~50マイクロ秒程度)
  • 利用条件:直接アクセスの場合、1時間平均で20回(1日の合計が480回)を超えないようにしてください。 それ以上が必要な場合は事前にご連絡ください。無断で制限を超えた場合には、利用を拒絶する場合があります。上記の制限を超えていない場合でも短時間に大量のアクセスがあった場合なども同様です。NTP Pool Project経由(*.ntp.orgへのアクセス)の場合はこの限りではありません。

上記事項以外についてはお問い合わせいただければ可能な限り、お答えさせていただきます。
公開NTPサーバのNTP Pool Projectへの提供により、同プロジェクト全体の信頼性向上にも繋がるものと考えております。
試験運用としていますが現段階ですでに実用面で十分な安定稼働を確認できたため公開したものです。また、本サービスは本月中に試験運用より正式運用に移る予定です。


皆さんのサーバに余裕があるのであればぜひともNTP Pool Projectにご参加ください。現在3700以上のサーバが参加していますが、日本に位置しているサーバはわずか39です。
皆さんの参加をNTPコミュニティはお待ちしています。参加に際し、支援が必要な際はお問い合わせください。Extend Wingsがお手伝いします。

※NTP Pool Projectのサービスの一部として当方公開NTPをご利用になられる場合、設定方法等についてはNTP Pool Projectまでお問い合わせください。

コメントを残す