Arduinoを使ってみよう!

こんにちは!前回、お知らせしたとおり、「Arduino」を使ったGPSロガーの製作を進めていきたいと思います。
今回はArduinoの紹介を少し。

What’s “Arduino”?

当然ですが、「Arduino」とは何か。簡単に言うとマイコンです。今でいうCPUのご先祖様とでも言うと分かりやすいでしょうか。それにいろいろな部品が乗っかっています。

Arduinoの種類

Arduinoにはいくつか種類があり、初心者から上級者までカバーするものやプロ仕様のものなどがあります。公式製品と、第3者が勝手につくった製品がありますが、ここでは公式製品のみ紹介します。

・Arduino UNO

 初心者から上級者まですべてが対象。もっともよく使われている製品。USBポートを標準装備している。マイコンは通常版と表面実装版(SMD)の2種類が販売されている。
最近R3(Revision 3)が発売され、様々な改善がされた。
・Arduino Mega

 用途によって2560とADKの2種類がある。どちらも基本的には変わらないが、ADKは「Android Open Accessory Development Kit」と呼ばれる、Google Androidの周辺機器の規格に対応し、Android端末用の周辺機器開発が可能になっている。
・Arduino Pro

 プロ仕様。USBポートは自分でつけなければならない。その代り、自由度が高いともいえる。

※どれがおすすめかと聞かれるとやはりUNOだ。価格も2500円ほどと他に比べて安く、必要な機能は一通り入っている点がいい。

始めるのに必要なもの

・Arduino本体(このブログではUNOを使用して説明するので、なるべくUNOを用意してください)
・パソコン(Windows,Mac,LinuxのどれかならOKです)
・USBケーブル(ArduinoとPCとつなぐときに必要です・あんまり長いと邪魔なので0.5~1mほど・コネクタはA-Bのみ使用可)
・ブレッドボード(特殊な基盤で、何回でも回路が組みなおせます)
+(その他記事で紹介する部品)
最悪、上3つさえあれば動作確認はできます。Amazonのリンクを下に張っておきますのでご覧ください。
・Arduino Uno R3 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0044X2E5S/amazon0120-22/ref=nosim/
・USBケーブル http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0036SGF4S/amazon0120-22/ref=nosim/

その他のリンク
Arduino公式サイト(英語):http://arduino.cc/
販売サイト・スイッチサイエンス:http://www.switch-science.com/

次回予告

 次回はの内容は『Arduinoのスケッチ』と題してお送りいたします。スケッチとはなんなのか。来週末頃に更新予定です。お楽しみに!

そうそう、Windows8のロゴがついに一般公開ですね!発売当日にバク発見大会でもやるかな?
チャオ!!

コメントを残す