【緊急】スティーブ・ジョブズ氏 死去

米アップルを創業し、同社を時価総額世界一の企業に育てたスティーブ・ジョブズ前最高経営責任者(CEO)が5日、死去した。56歳だった。

Steve Jobs 1955-2011
米アップルは10月5日にスティーブ・ジョブズ氏が死去したと発表した。
ジョブズ氏は同社の創業者・前最高経営責任者(CEO)・現会長という、同社にとっては必要な人物であっただけに今後の影響が懸念されている。以前から膵臓がんを患っており、今年8月には健康上の理由からCEOを退任していた。もしかすると、自分の人生がゴールラインに近づいていることを悟っての退任だったのかもしれない。

同氏は1955年に生まれ、56歳だった。ロイターの報道によると、ジョブズ氏の家族は「スティーブは今日、家族にみとられながら安らかに死去した」との声明を発表。追悼のためのウェブサイトを開設するとしている。
※現在米アップル日本アップルのサイト追悼のためのサイトに差し替えられている。

同社サイトには「Appleは先見と創造性に満ちた天才を失いました。世界は一人の素晴らしい人物を失いました。スティーブを知り、共に仕事をすることができた幸運な私たちは、大切な友人と、常にインスピレーションを与えてくれる師を失いました。スティーブは彼にしか作れなかった会社を残しました。スティーブの精神は永遠にAppleの基礎であり続けます。」との追悼メッセージが公開された。
また、”思いや思い出、お悔やみの言葉はこちらへEメールでお送りください。”とも記し、メッセージを受け付けている。

朝日新聞:米アップルの元CEO、スティーブ・ジョブズ氏が死去
情報元:新聞各紙、各新聞社サイト、日米アップル公式サイト

コメントを残す